インターネット申込のキャッシングのメリットとは

キャッシングの申込は、通常は店舗の窓口で行われることが多いです。申込用紙に所定事項を記入し、本人確認や収入証明の書類を添えて提出した後、審査の結果を待ちます。審査は通常は1時間ほど、場合によってはそれ以上かかることもあります。審査に通ると、融資をしてもらうことができます。しかし、最近ではインターネットで申込ができるキャッシングも増えています。これですと、PCや携帯で、自分が借りたい業者のサイトにあるフォームに、やはり所定事項を入力して送り、書類はFAXやアプリを使って送ります。この方法のメリットは、審査時間が30分と短いため、すぐに結果がわかることです。また、融資分は本人の銀行口座に振り込んでくれますので、キャッシュカードで引き出しができます。ふだん忙しくて、窓口で申し込むだけの時間が取れないとか、あるいは急にお金が必要になった場合などには、わざわざ店舗まで足を運ばなくても借入が出来る、大変便利なキャッシング方法といえます。

収入証明不要で借り入れを行う条件について解説

カードローンやキャッシングを利用するときに必要になる提出書類に収入証明があります。しかし、これは必須のものではなく、条件によっては収入証明不要で利用できることもあります。まず、利用する金融業者が消費者金融や信販系などの貸金業法によって運営される業態の場合、「50万円を超える」または「他社との合計で100万円を超える」場合に収入を確認することが義務付けられています。これは総量規制で年収の3分の1を超える借り入れができない制限によるものです。そのため、この条件を下回る金額の利用であれば収入証明不要になります。銀行や信用金庫を利用する場合、総量規制の対象外であるため収入を確認する義務はなく、収入証明不要になります。しかし、高額の借り入れを行う場合には返済能力が本当にあるのか確認するために提出を求めることが多いです。この金額は金融機関が個々で決めており、貸金業法による義務を参考に100万円以上にしているところや、300万円までは不要なところもあります。ただし、収入証明不要になる金額であっても返済能力に不審を持たれた場合は提出を求められます。専業主婦がお金借りる時など、金額に関係なく必須にしているところもあります。

郵便物なしの場合の手続きの流れをWEB利用の違い

カードローンの契約では書面の交付がカードの発行・送付とともに行われます。これはどの金融会社でも、カードローンであっても金銭消費貸借契約である以上、必ず実行されます。そんな中で郵便物なしというものがありますが、これは決して契約書がないということではありません。WEB上で確認できる環境で書類が交付されるもので、契約書は存在します。その中でWEB完結とWEB契約がありますが、同じWEB上で利用できるものでも、契約の締結やカードの発行で異なります。WEB完結はカードの発行もなければ、郵便物なしで融資が実行されます。これに対してWEB契約は契約の締結はWEB上になりますが、書類は郵送されることがあります。また、郵便物なしの場合、会員登録という形で進めているところもあります。カードローンの会員規約に沿っての利用となり、入会をもって手続きの完了としているのです。WEBの利用はカードローンの主流ですが、手続きや郵送物の送付は各社で差があり、申し込む前に手続きの流れを確認しておくことをおすすめします。